スワップポイントで利益を生む戦略とは

初めての人は豪ドルのようなスワップ(利子)の高い通貨を買う戦略がお勧めです。スワップを基に算出するのがスワップポイント(円)です。投資家はこのスワップポイントを基に行動します。ポイントは毎日変動します。買いスワップ(投資家が受け取る額)と売りスワップ(投資家が支払う額)があります。一般の投資家は買いスワップが殆どです。スワップポイントは一日当たりの金額です。

豪ドル/円の買いスワップポイントは80円程度です。ポイントはFX業者でまちまちです。売りポイントは85円程度です。豪ドル金利が円金利より高金利の状態が続けば、毎日スワップポイントが貯まります。一週間、一カ月、一年とスワップポイントが溜まってゆきます。取引の通貨単位は10,000単位です。現在値94円の豪ドルを1万単位買いますから94万円の資金が必要です。例えば5倍のレバレッジを効かせますと毎日400円のスワップポイントを受け取ります。年間予想では14〜15万円の受け取りとなります。利回りは15%程度になります。

利率(スワップ)の高い通貨を選ぶのがコツ

FX(外国為替保証金取引)にはリスクの小さい投資からリスクの大きな投資まで、その投資方法によって様々あります。レバレッジ(梃)1倍で投資をします。リタ−ンを年5%程度で辛抱できるならレバレッジ1でいいでしょう。リタ−ン10%狙いならばレバレッジを2倍にします。2倍程度ですとリスクはそれほど高くはありませんから、長期保有の投資方針で利子だけを貰い、為替レ-ト有利になった時を見計らって売却するという投資方針がいいでしょう。

具体的には、利率(スワップ)の高い通貨を選びます。スワップポイントは次のようにして決まります。10,000豪ドル × 為替レ−ト(円) ×(豪の金利-日本の金利)/365=○○円。この○○円が毎日つくスワップポイントです。FX業者では各通貨によるスワップ金利から1日に付く金利の金額を具体的に示しています。これがスワップポイントであり、毎日変わってゆきます。業者によってもスワップポイントは異なります。

最新人気ランキング